検索結果

トップ >  大学案内 >  こども教育宝仙大学のあゆみ > 宝仙学園紹介

宝仙学園紹介

「人間教育」という理念に基づく
総合学園を形成する宝仙学園


宝仙学園は、1927(昭和2)年に宝仙寺第50世住職によって創設されました。
以来、仏教精神を基調に「宗教的信念のある人格の養成」をめざす学園は、『こども教育宝仙大学』のほか、『宝仙学園幼稚園』『宝仙学園小学校』『宝仙学園中学・高等学校共学部(理数インター)』および『宝仙学園高等学校女子部』による総合学園を形成しています。

「人間教育」という理念に基づく総合学園を形成する宝仙学園

理事長ご挨拶

「人を造る」教育 宝仙学園は昭和2年宝仙寺第50世住職冨田純大僧正によって創立され、 「教育は人を造るものであり、知識のみを植えつけるものではない」との理念に 基づき、一人ひとりの個性を大切にし、それを伸ばしていく「人間教育」を実践して きました。

そして大学が行っている「こども教育」は、幼児教育・保育の世界にとどまらず、 広く社会全般を見つめ、つねに時代と対峙し、いまを生きる人間の育成をめざして います。短期大学時代から、これまで6千名を超える卒業生が全国の幼稚園・ 保育所で活躍し、築き上げてきた実績とネットワークは「宝仙」の名を広く知らしめ、 社会的に高い評価を得ています。

本学への入学を希望する皆さんには、伝統ある「宝仙の教育」を受け継ぐと ともに、新たに研究・開発された教育プログラムにしたがって、充実した4年間を 過ごして欲しいと願っています。

理事長冨田道生

宝仙学園公式サイト

toTop