検索結果

大学案内 >  情報公開 > 教職課程に関する情報

教職課程に関する情報

一.教員の養成の目標及び当該目標を達成するための計画に関すること

学校法人宝仙学園は、幼稚園及び高等女学校の設立に続き、昭和10年に仏教保育協会保姆養成所を設置し、仏教保育協会中野保姆養成所、中野保母養成所、中野高等保育学校、宝仙学園短期大学保育科(平成5年に「保育学科」と改称)を経て、平成21年、短期大学を改組し、こども教育宝仙大学を設置して今日に至っている。

その間90年余にわたり、首都圏で有数の歴史を誇る幼児教育・保育者(幼稚園教諭及び保育士)養成機関として5,500名以上の卒業生を全国の幼児教育・保育界に送り出し、日本の幼児教育・保育の発展に貢献してきた。この実績とネットワークは「宝仙」の名を広く知らしめ、社会的に高い評価を得ている。

本学が行っている「こども教育」は、幼児教育・保育の世界にとどまらず、広く社会全般を見つめ、つねに時代と対峙し、今を生きる人間の育成を目指している。それは創立者の「教育は人を造るものであり、知識のみを植えつけるものではない」との理念に基づいている。

<基本理念>

本学は、21世紀における高等教育機関にふさわしい大学として、情操豊かで、高い専門性を培う「人を造る」教育を実践している。つまり、グローバル化、情報化、科学技術の発展、高齢化・少子化といった急速な社会変化に直面した時代において、仏教精神に基づく慈悲・敬虔・感謝・奉仕の心に満ちた豊かな人格の育成とともに、幼児教育・保育・児童福祉等の専門的知識や技術を修得し、高次な倫理観と教養を備え、広い視野に立った判断力をもって、社会に貢献し得る人材を育てることを基本理念としている。

二.教員の養成に係る組織及び教員の数、各教員が有する学位及び業績並びに各教員が担当する授業科目に関すること
三.教員の養成に係る授業科目、授業科目ごとの授業の方法及び内容並びに年間の授業計画に関すること

<組織>

1)教務委員会
2)教職課程・保育士養成課程委員会
3)実習委員会

<委員会組織> (抜粋)

2019実習関連委員会組織図

<教員の数>

教授准教授専任講師助教兼任教員
9名 3名 7名 0名 26名

※実習指導室関連教員は含まず

<各教員が有する学位及び業績並びに各教員が担当する授業科目に関すること>

教員氏名教職課程科目名称区分配当学年
石川 悦子こども理解と教育相談道徳、総合的な学習の時間等の指導法など 3年次
石原 正仁情報処理演習(基礎) 66条の6に関する科目 1年次
情報処理演習(応用) 66条の6に関する科目 1年次
マルチメディア演習 66条の6に関する科目 2-3年次
プレゼンテーション演習 66条の6に関する科目 3-4年次
宇佐美 かおる保育内容(健康)領域及び保育内容の指導法 2年次
保育の現場を知るⅣ独自科目 2年次
葛西 健治
ほか
音楽と表現Ⅰ独自科目 1年次
音楽と表現Ⅱ独自科目 2年次
本多 舞保育の現場を知るⅡ独自科目 1年次
保育の現場を知るⅢ独自科目 2年次
こども英語指導法教科又は教職に関する科目 3-4年次
捧 公志朗造形と表現独自科目 2年次
保育内容の指導法Ⅱ領域及び保育内容の指導法 3年次
織田 望美保育カリキュラム論教育の基礎的理解 2年次
教育実習教職に関する科目 4年次
教育実習事前事後指導教職に関する科目 4年次
保育・教職実践演習(幼)教職に関する科目 4年次
教育原理教育の基礎的理解 1年次
保育の現場を知るⅣ独自科目 2年次
教育制度論教育の基礎的理解 1年次
須永 美紀教職・保育職概論教育の基礎的理解 2年次
保育の現場を知るⅠ独自科目 1年次
金 志善基礎韓国語(入門) 66条の6に関する科目 2年次
基礎韓国語(初級) 66条の6に関する科目 2年次
韓国語コミュニケーション(入門) 66条の6に関する科目 3-4年次
韓国語コミュニケーション(初級) 66条の6に関する科目 3-4年次
照屋 洋ことばとコミュニケーション独自科目 1年次
身体と表現独自科目 1年次
橋元 知子英語(初級) 66条の6に関する科目 1年次
英語(中級) 66条の6に関する科目 1年次
松岡 綾葉健康スポーツ理論 66条の6に関する科目 1年次
身体と表現独自科目 1年次
健康スポーツ実技 66条の6に関する科目 1年次
守 巧運動障害教育法教科又は教職に関する科目 3-4年次
楊 殿閣英語コミュニケーション(中級) 66条の6に関する科目 2年次
五十嵐 美加実践英語(初級) 66条の6に関する科目 3-4年次
実践英語(上級) 66条の6に関する科目 3-4年次
松﨑 真実保育方法論道徳、総合的な学習の時間等の指導法など 3年次
英語コミュニケーション(初級) 66条の6に関する科目 2年次
山崎 英壽日本国憲法 66条の6に関する科目 1年次
南陽 慶子保育の現場を知るⅠ独自科目 1年次
保育内容(表現)領域及び保育内容の指導法 2年次
教育実習教職に関する科目 4年次
教育実習事前事後指導教職に関する科目 4年次
青木 弥生発達心理学教育の基礎的理解 1年次
保育内容(言葉)領域及び保育内容の指導法 1年次
保育内容(人間関係)領域及び保育内容の指導法 3年次
富山 大士保育内容総論教育の基礎的理解 1年次
保育内容(環境)領域及び保育内容の指導法 3年次
保育の現場を知るⅢ独自科目 1年次
保育・教職実践演習(幼)教職に関する科目 4年次
林 隆嗣保育の現場を知るⅣ独自科目 2年次
松倉 佳子保育の現場を知るⅡ独自科目 1年次
髙橋 洋行保育内容の指導法Ⅰ領域及び保育内容の指導法 3年次
松原 豊特別支援教育概論教育の基礎的理解 3年次

教職課程関連科目の詳細はこちら(4.34MB)を参照

四.卒業者の教員免許状の取得の状況に関すること
五.卒業者の教員への就職の状況に関すること

過去三年における教員免許状取得者と教員就職者の一覧(幼免一種)
  2017年度 2018年度 2019年度 2020年度
免許状取得者実数 83名 75名 61名 73名
教員就職者数 35名 32名 10名 15名


卒業者の教員への就職の状況については、本学ホームページ内「宝仙の就職」ページを参照。

六.教員の養成に係る教育の質の向上に関する取組

  1. 「保育の現場を知るⅠ」「保育の現場を知るⅡ」「保育の現場を知るⅢ」「保育の現場を知るⅣ」は、教育者として求められる姿勢・態度の養成を目的とし、教育実習に先駆けた準備学修の機会としている。
  2. より効果的な教育内容とすべく、大学内で科目間の学修内容の連携を確認、議論する場を教員間で持っている。
  3. 教育実習園と本学との間で、実習カリキュラムについての検討協議会を定期的に行っている。
  4. 実習・就職園の実習担当者会を毎年行い、養成校に求める教員を目指す学生像や、実習指導、進路指導(キャリア支援)に関する意見交換を行い、本学の教員養成の確認、また教育の質向上に向けた改善の機会としている。

toTop