検索結果

トップ >  在学生の方へ  > 学生生活マニュアル

学生生活マニュアル

※詳細は配布している学生ハンドブックをご覧ください。

こんなときはどこへ?

内容手続き窓口
住所・電話番号が変わった。「住所変更届」を提出してください。学生課
学内施設を利用したい。「施設使用願」を提出し許可を得てください。学生課
備品を借りたい。「物品使用願」を提出し許可を得てください。学生課
休業期間中に学内施設を利用したい。「休業期間中の学内使用許可願」を提出し許可を得てください。学生課
愛川グラウンドを使用したい。「愛川グラウンド使用許可願」を提出し許可を得てください。学生課・ 教務課
学生証をなくしてしまった。「紛失届」と「学生証再交付願」に必要な手数料を添えて提出してください。学生課
各種証明書がほしい。「証明書発行願」に必要な手数料を添えて提出してください。学生課
学割がほしい。「学割証明申請書」を提出してください。学生課
落し物をした。 落し物を拾った。事務部を訪ねてください。「遺失物引き換え証」に記入し遺失物を引き取ることができます。学生課
学生生活上の相談がしたい。学生相談室を訪ねてください。利用は無料。秘密は守ります。学生相談室
具合が悪い。保健室を訪ねてください。保健室
犯罪被害、事故、災害にあった。早急に事務部に報告してください。学生課
奨学金について知りたい。事務部を訪ねてください。「遺失物引き換え証」に記入し遺失物を引き取ることができます。学生課
学生諸団体の案内やサークルのポスターを掲示したい。事務部を訪ねてください。「遺失物引き換え証」に記入し遺失物を引き取ることができます。学生課
パソコン演習室を利用したい。パソコン演習室の利用ルールに従い使用してください。情報処理 準備室
学生ホールのパソコンを使用したい。第2学生ホール内ルールに従い使用してください。学生課・教務課
ピアノの練習をしたい。ヘッドセット貸し出し簿に記入しルールに従い使用してください。教務課・学生課
成績、単位について。担当教員または事務部を訪ねて下さい。教務課
履修登録、科目等について。担当教員または事務部を訪ねて下さい。教務課
課題、レポート担当教員または事務部を訪ねて下さい。教務課
学事関係について。掲示板等で確認してください。教務課・学生課
課外プログラム担当教員または事務部を訪ねて下さい。教務課
実習関係教育・保育各実習担当教員を訪ねてください。実習指導室・教務課
就職、進路相談キャリアサポート担当教員、就職指導室を訪ねてください。就職指導室
学費を延納・分納したい。事務部を訪ねてください。企画課

事務取扱時間について

学期期間中
平日:午前8時40分~午後5時(土・日曜日、祝日・休日は休業)
   ただし、授業が行われる土曜日の事務取扱時間は平日に準じます。

休業期間中
平日:午前9時00分~午後5時(土・日曜日、祝日・休日は休業)
   夏期、冬期、春期の休業期間中の詳細は別途掲示でお知らせします。

証明書の発行申込みについて

証明書は、原則受付3日後に交付します。(事務部の休日等は含みません。)早めに申し込みをするよう心掛けてください。
証明書受け取りは事務部窓口で行います。本人のみに手渡します。証明書の有効期限は3ヶ月です。なお、本人の開封は無効です。交付日から3ヶ月を過ぎて受け取られなかった証明書は処分します。その場合手数料は返還しません。

証明書の種類

手数料交付日
成績証明書300円3日後
卒業見込証明書200円3日後
在学証明書200円3日後
健康診断証明書300円3日後
教員免許状取得見込証明書200円3日後
指定保育士養成施設卒業見込証明書200円3日後
人物調査書300円7日後
推薦書300円7日後
卒業証明書200円3日後
指定保育士養成施設卒業証明書200円3日後
教員免許状単位取得証明書(学力に関する証明書)300円7日後
英文証明書500円7日後
学生証再発書1,000円7日後

危機管理

犯罪被害・交通事故

自動車等を運転する学生は、加害者にも被害者にもなる可能性がありますので、日頃より十分注意をしてください。また、万引き、窃盗、痴漢、薬物乱用等の犯罪には関わらず、日ごろから防犯を心がけてください。万が一、交通事故や犯罪の被害にあった場合は、速やかに大学に報告、相談してください。

※本学では学生の自動車、自動二輪、自転車通学は認めていません。これに違反すると処置されるので注意して下さい。

悪徳商法・カルト宗教

学生をターゲットにしたいろいろな悪徳商法やカルト宗教の勧誘が行われています。こうした被害にあわないよう普段から十分注意してください。もしおかしいと感じたら、まずはきっぱりと断る勇気を持ち、家族や信頼できる人に相談しましょう。

禁煙・禁酒

学内においては、20歳未満の者はもちろんのこと、20歳に達した者であっても一切禁煙・禁酒となっています。また、通学路における喫煙も禁止しています。十分注意してください。学外においても、自分の健康のためばかりでなく他人の健康のため喫煙・過度な飲酒をしないことが望まれます。

ネットマナー

インターネットは、不特定多数が閲覧可能であり、書き込み内容によっては予想外の誤解を与え、さらには違法行為と判断されて、他人や団体に多大な被害を及ぼす可能性があります。このため、学生の皆さんには軽率な書き込みをしないよう十分に注意を払ってください。一人ひとりが社会のルール、インターネット上のルールを守り、本学の学生としての社会的責任を自覚し、一層モラルを高めていくことを期待します。

防災マニュアル

通学途中に地震が発生した場合は?
電車・バスに乗っている時は、乗務員または駅係員の指示に従ってください。歩いているときは、頭上からの落下物や電線の断線に注意し、生命の安全を最優先に行動してください。近くに広域避難所がある時はそこに向かってください。
授業中に地震があったら?
ドアを開け出口を確保してください。揺れの大きいときは机の下などに身をふせて落下物(ガラスなど)に備えてください。窓ガラスの側にいる人は離れるよう にしてください。また、あわてて外に飛び出さないでください。揺れがある程度おさまったら、担当教員や校内放送の指示に従い避難してください。
廊下、階段等にいるときに地震が発生したら?
窓ガラスが飛び散ったり、壁が倒れる恐れがあるので、すみやかに近くの教室に避難し、机の下に身を伏せましょう。近くに教室がない場合は、衣類、カバンなどで頭を覆ってかがみ込みましょう。
校舎の移動など屋外にいるときに地震に出会ったら
窓ガラスが飛び散ったり、壁が倒れる恐れがあるので、校舎から離れ、避難場所に避難しましょう。頭上からの落下物や電線の断線、地面の亀裂や陥没、隆起などに注意しましょう。
図書館で地震が起こったときは?
本棚が倒れるときがありますので、速やかに机の下に避難し、揺れがおさまってから校内放送や教職員の誘導に従い避難してください。
校舎で火災にあった場合は?
日頃から教室や部屋の出口(非常口)および避難場所の確認をしておいてください。また、避難する際には火災が発生していないか注意し、火災発生の場合は安全な避難口を選択してください。
体育館・グラウンドなどで大きな揺れを感じたら?
ライトなど吊り物の落下に注意してください。ガラスが割れて降ってくることもありますので安全な場所へ身を隠してください。どんな地震も大揺れは1分程度 でおさまります。グラウンドにいる場合は、とりあえずその場にとどまり、転倒物などに注意しながら揺れがおさまるのを待ってください。
各校舎からの避難場所は?
避難する際は、まわりに障害物のない安全で広い場所に集まって下さい。避難場所への道順も確かめておきましょう。
本学の避難場所は、1)小学校校庭、2)中高校庭です。
震災時には、アドバイザー教員に安否を連絡して下さい。
所属ゼミ単位で連絡網を作成しておきましょう。
大学で地震に遭い何とか家族へ「無事」を知らせたいが?
地震の時は電話回線がパンクして、同一地域内に電話が通じないことはよくあることです。
普段から家族と相談して、安否の連絡先を決めておくことも大切です。また、以下に災害用伝言ダイヤ171の情報がありますので、災害発生時に活用するようにして下さい。

災害用伝言ダイヤル171のかけ方
災害発生時(震度6弱以上の地震など)にはNTTサービスが稼動します。家族や友人などが被災した場合、安否の確認や連絡などに活用できます。災害用伝言サービスの開始はテレビ・ラジオで通知されます。
災害用伝言ダイヤルページ
http://www.ntt.co.jp/saitai/171.html

災害用伝言ダイヤルページ

各携帯電話会社が提供する災害用伝言板

toTop