検索結果

トップ >  こども教育学部 > 授業紹介

授業紹介

教養科目

人間力を磨く、高める、多彩な学び。
社会に求められる知識を身につけます。


本学の歴史や教育の柱を学ぶ「生命・倫理」をはじめとした7つの領域からなる『総合基礎領域科目』。
専門的な知識や技術に偏ることなく、現代社会で課題とされる多様な知識を身につけることは、自分とは異なる生き方や価値観を学ぶ上でも重要です。
広がりのある経験を積み、人間的に成長することで、ゆとりを持ってこどもたちや保護者と接することができ、何より「こどもから求められる保育者」になることができるでしょう。

総合基礎領域科目

Pick Up!授業

生命・論理

「現代の倫理と宗教」
授業では仏教の考え方を通して、個としての生き方と社会生活、行動の自由と社会のルールなど、現代に生きる私たちにとっての倫理について学生と共に考えていきます。

健康スポーツ

「健康スポーツ実技」
愛川グラウンドで行う「健康スポーツ実技」では、自然のなかで身体をめいっぱい動かし、仲間とともに競い合うことの大切さや心身の健康について考えます。

外国語コミュニケーション

「英語(初級)」「英語(中級)」
授業では、多文化社会に生きるこどもと保護者に接する際に不可欠な英語力を身につけることをめざし、英語の「聴く」「話す」「読む」「書く」の4つの技能の基礎力をバランスよく高めていきます。

表現系科目

表現する楽しみ、喜びを体感!
実技を通して豊かな感性を磨きます。


こどもたちの感性を育てていくためには、まず保育者自身が自分の感性を豊かにすることが必要です。日常の保育現場では、遊びやさまざまな活動の中に、こどもたちの表現が複合的に現われ、保育者はそうしたこどもたちの感性を受け止め、関わることになります。
本学では、「音楽」「造形」「ドラマ」「身体」から、ユニークな表現カリキュラムを展開しています。

表現系科目

Pick Up!授業

音楽表現指導法演習

「音楽表現指導法演習
こどもたちの音楽的な発達の特徴について理解を深め、さらに幼稚園や保育所で行われる、「リトミック」「手遊びうた」など音や音楽に関わるさまざまな表現活動を実践しながら学びます。

図画工作演習

「図画工作演習
紙や粘土などを使った造形作品制作を通じて、学生自らが造形表現活動の楽しさや喜びを経験し、こどもたちの造形表現との関りについて理解を深めていきます。

ゼミナール

ゼミナール1年次から始まる少人数制のゼミ。
自ら考える力を磨き教育・保育の課題と向き合います。


1年次からスタートするゼミナールは、16~17人の少人数制(1年次の基礎ゼミは10~12人)。教授陣のきめ細やかな指導のもと、一人ひとりが自ら考え、行動していく力を磨いていきます。

ゼミナールを詳しく見る

体験学習・実習

こどもたちとのふれあいが学びの意欲につながる

本学の大きな特長は、入学して1ヶ月半後に隣接の宝仙学園幼稚園で行われる体験学習をはじめ、「保育の現場を知る」の授業や実習を通して、さまざまなこどもたちとふれあえることです。
特に1年次の早い時期にこどもたちと直接ふれあう経験は、保育の魅力を見いだすきっかけにもなり、学びの意欲にもつながっていきます。また先生方の姿を通し、保育者としての責任感や自覚が芽生えていきます。多くのこどもたちとの出あいを通して、こどもと寄り添う仕事のやりがいやたのしさを実感できることでしょう。

体験学習・実習を詳しく見る

toTop