検索結果

トップ >  こども教育学部 > カリキュラム

カリキュラム

カリキュラム・ポリシー

こども教育宝仙大学のカリキュラムは、建学の精神や教育理念をふまえ、質の高い幼児教育・保育・児童福祉に携わる専門職の養成を大きな柱とするとともに、高次な倫理観と豊かな教養、幅広い専門知識をもった人間性の涵養および知識基盤社会、グローバル化する社会の時代を生きる力を培うために、ディプロマ・ポリシーに明記した人材養成を目的に編成しています。

こども教育学部幼児教育学科のカリキュラムは、教育上の目的を達成するために必要な「総合基礎領域」および「総合専門領域」から体系的に編成しています。

カリキュラムポリシー

  1. 「総合基礎領域」は、建学の精神を理解し、大学生として必要とされる基礎的な技法、情報化社会に対応できる能力、さまざまな問題を考えるための教養、体験や経験に基づく知恵などを身につけるための科目のまとまりです。
  2. 「総合専門領域」は、質の高い保育者として必要な知識・技法を幅広く身につけるために設定した幼児教育基礎科目群、幼児教育応用科目群、幼児教育関連科目群、および幼児教育発展科目群から構成された科目のまとまりです。
  3. 幼児教育基礎科目群は、人としてこどもの教育・保育に関るすべての大人が備えるべき素養を身につける科目のまとまりです。
  4. 幼児教育応用科目群は、幼稚園教諭という専門職養成に必要な知識と技法の修得に主眼をおいた科目のまとまりです。
  5. 幼児教育発展科目群は、幼児教育基礎科目群、幼児教育応用科目群および幼児教育関連科目群における学習内容を体験的に検証し、実践的能力を身につけるための科目のまとまりです。
  6. 幼児教育関連科目群は、保育士という専門職養成に必要な知識と技法の修得に主眼をおいた科目のまとまりです。

学科長メッセージ

学科長大沼良子教授

「カリキュラム・ポリシー」について

こども教育宝仙大学のカリキュラムは、建学の精神や教育理念をふまえ、質の高い幼児教育・保育・児童福祉に携わる専門職の養成を大きな柱とするとともに、高次な倫理観と豊かな教養、幅広い専門知識をもった人間性の涵養および知識基盤社会、グローバル化する社会の時代を生きる力を培うために、ディプロマ・ポリシーに明記した人材養成を目的に編成しています。

こども教育学部幼児教育学科のカリキュラムは、教育上の目的を達成するために必要な「総合基礎領域」および「総合専門領域」から体系的に編成しています。

カリキュラムの編成

こども教育学部幼児教育学科のカリキュラムは、2領域4科目群に区分されます。
総合基礎領域人間と社会に関する科目、外国語コミュニケーションに関する科目、情報に関する科目、基礎ゼミ科目によって構成され、幼児教育・保育者として必要な素養を養うことを目的としています。
総合専門領域幼児教育・保育者として必要な知識・技法を幅広く身につけることを目的としており、次の4科目群によって構成されます。
幼児教育基礎科目群幼児教育・保育に関わるすべての大人が備えるべき素養を養い学ぶ領域の科目です。
幼児教育応用科目群幼稚園教諭という専門的職業人養成に必要な知識と技法の修得に主眼をおいた科目です。
幼児教育関連科目群保育士という専門的職業を目指す学生にとって必要な知識と技法の修得を主眼とした科目です。
幼児教育発展科目群幼児教育基礎科目群および幼児教育応用科目群で学修した内容を体験的に検証し、実践的能力を身につけるための科目です。

4年間の学びの流れ

4年間の学びの流れ

toTop