検索結果

トップ >  こども教育学部 > 課外プログラム

課外プログラム

オーストラリア幼児教育・保育及び英語研修

保育英語を身につけ、
多文化共生社会での
グローバルな保育者をめざす


オーストラリアのゴールドコーストで実施される「オーストラリア幼児教育・保育体験及び英語研修」は、保育英語を習得し、活用できる基礎力を身につけるとともに、現地の幼保園の見学、保育実習体験により、多文化社会における幼児教育・保育を学ぶことのできる研修です。本学の国外での課外プログラムは、現代において求められるグローバルな保育者の育成をめざしています。

2018AUS001_180612

プログラム紹介

1.英語圏での英語授業履修による英語力アップ
2.オーストラリアの幼稚園・保育施設の見学と実習体験
3.オーストラリアの幼児教育・保育の理解
4.幼児教育・保育関係交流
5.クイーンズランド州自然体験

2018AUS002_180612

日程概要(2017年の例:9月上旬)

1日目 成田空港出発
2日目 Brisbane からGold Coast 入り
    Surfers Paradise到着後、自由散策
    Imagine にてホストファミリーとマッチング後、各ホームステイ先へ
3日目[AM] Imagine 英語学校、幼稚園など見学 
   [PM] 保育英語
4日目[AM] 保育・幼児教育実習 
   [PM] 保育英語
5日目[AM] 保育・幼児教育実習 
   [PM] 保育英語
6日目[AM] 保育・幼児教育実習
    [PM] オーストラリアの文化・芸術紹介と本学の発表
       Pacific Fair 視察後、Watermark Hotel にチェックイン
7日目[AM] 英語による幼児教育授業模擬体験
    [PM] Currumbin Wildlife Sanctuary 見学
8日目帰国

学生の声

DSC06921_AUS_180612

経験したからこその学びがたくさんありました

研修初日は英語がほとんど聞き取れず不安もありましたが、自分から会話をしようと心がけ、少しでも会話が成り立つとうれしくてそれが自信につながりました。現地での保育実習を体験してみると日本と異なることが多く、双方を比較できたため見聞を深めることができました。プレゼンテーションなどは戸惑いもありましたが、私たちの呼びかけに一生懸命応えながら、楽しんでいるこどもたちの姿が見られたのがうれしかったです。
生活や文化、保育の現場など、実際に体験したからこその違いが実感でき、自分の人生においても、とても素敵な経験になりました。(4年 N・Fさん)

利賀村研修

自然豊かな環境のなかで
地域の人たちと交流


「利賀村研修」は、地域の生活文化にふれる3つの体験学習プログラムを通じて、人との交流の大切さや現代のこどもと環境のつながりについて学びます。

利賀村研修

プログラム紹介

地域の食文化にふれる

地域の食文化にふれる
学生は宿泊する民宿ごとに分かれ、「食」体験を行いながら、生活文化について学習していきます。畑で栽培される野菜の収穫、そば打ちや地元の食材を使った郷土料理などを教わり、利賀村の持つ地域の豊かさにふれます。

地域の伝統文化にふれる

地域の伝統文化にふれる
利賀村に伝承されている民謡を通じ、地域と伝統文化との関りについて学習します。プログラムでは、利賀村むぎや節保存会の方々による「こっきりこ」などのステージ鑑賞や講習を受け、伝統文化を守っていくことの大切さを体験します。

地域の人々にふれる

地域の人々にふれる
学生が主体となり、ステージの発表や遊びを通じ、利賀村の保育園、小学校のこどもたちや地域の方々との交流イベント「宝仙こどもの広場」を企画・開催します。イベントでの人々とのふれあいは、保育者への学びを一層深めるものとなります。

toTop