検索結果

トップ >  こども教育学部 > 課外プログラム

課外プログラム

オーストラリア幼児教育体験・英語研修

保育英語を身につけ、
多文化共生社会での
グローバルな保育者をめざす


オーストラリアのゴールドコーストで実施される「オーストラリア幼児教育体験・英語研修」は、保育英語を理解し、活用できる基礎力を身につけるとともに、現地の幼稚園の見学、保育実習体験により、多文化社会における幼児教育・保育を学ぶことのできる研修です。本学の国外での課外プログラムは、現代において求められるグローバルな保育者の育成をめざしています。

オーストラリア幼児教育体験

プログラム紹介

1.英語圏での英語授業履修による英語力アップ
2.オーストラリアの幼稚園・保育施設の見学と実習体験
3.オーストラリアの幼児教育・保育の理解
4.幼児教育・保育関係交流
5.クイーンズランド州自然体験

プログラム

日程概要(2015年の例:8月下旬〜9月上旬)

第1日目出発
第2日目 Gold Coast到着。 Point Danger見学、Crown Plazaで昼食後、
Watermark Hotelにチェックイン
第3日目[AM]Imagine Education Australia でオリエンテーション
    同付属幼稚園2園、Imagineキャンパス、他の2園見学
[PM]英語研修
第4日目[AM]保育実習体験 [PM]英語研修
第5日目[AM]保育実習体験 [PM]英語研修
第6日目[AM]保育実習体験 [PM]本学の発表、オーストラリア先住民のお話
第7日目[AM]英語による幼児教育授業模擬体験
[PM]Currumbin Wildlife Sanctuaryで自然体験
第8日目帰国

学生の声

4年A.Mさん

日本とは違った、異国ならではの保育を経験!

実習園に行くまでは英語力にも自信がなく、不安だらけでとても緊張していました。でも実際に担当クラスに入ってみるとこどもたちはとっても可愛いし、先生方は私にもわかるように指示してくださり、オムツ交換の方法なども丁寧に教えてくださいました。0~1才児が2~3名しかいないクラスでしたが、一人ひとり午睡の時間が異なるなど、オーストラリアならではの保育の様子を学ぶことができました。英語は、歌ったりダンスをしたり教材を制作したりなど楽しみながら習得。もっと英語力をつけて先生のお話を理解できるようになりたいと思いました。また、ショッピングでお店の人とした会話も、新鮮で楽しかったです。

利賀村研修

自然豊かな環境のなかで
地域の人たちと交流


「利賀村研修」は、地域の生活文化にふれる3つの体験学習プログラムを通じて、人との交流の大切さや現代のこどもと環境のつながりについて学びます。

利賀村研修

プログラム紹介

地域の食文化にふれる

地域の食文化にふれる
学生は宿泊する民宿ごとに分かれ、「食」体験を行いながら、生活文化について学習していきます。畑で栽培される野菜の収穫、そば打ちや地元の食材を使った郷土料理などを教わり、利賀村の持つ地域の豊かさにふれます。

地域の伝統文化にふれる

地域の伝統文化にふれる
利賀村に伝承されている民謡を通じ、地域と伝統文化との関りについて学習します。プログラムでは、利賀村むぎや節保存会の方々による「こっきりこ」などのステージ鑑賞や講習を受け、伝統文化を守っていくことの大切さを体験します。

地域の人々にふれる

地域の人々にふれる
学生が主体となり、ステージの発表や遊びを通じ、利賀村の保育園、小学校のこどもたちや地域の方々との交流イベント「宝仙こどもの広場」を企画・開催します。イベントでの人々とのふれあいは、保育者への学びを一層深めるものとなります。

学生の声

4年A.Rさん

地域の人々とふれあい、
充実した時間を過ごしました


利賀村研修の体験学習プログラムでは、とても充実した時間を過ごすことができました。中でも4日目のプログラムでは、学生が交流イベントを開き、地域の人々とふれあうものでした。皆が民宿ごとに模擬店を企画し、村のこどもたちと楽しく遊ぶための準備をしてきました。私たちの民宿が行った「ウォーター・ターゲット」では、こどもたちの笑顔がたくさん見られ、企画した私たちにとっても楽しい時間となりました。また今回の研修では研修40回記念式典が行われ、自分自身がそこに参加できたことはとても貴重な経験でした。研修での学びを今後の学生生活に生かしていきたいと思います。

toTop