検索結果

トップ >  こども教育学部 > 学びの特長

学びの特長

ディプロマ・ポリシー

本学が育成をめざす人材
1.人間性豊かで社会性に富み、他者との円滑なコミュニケーションができる
2.あふれる情報と多様化した社会の中で、変化に即した判断ができる
3.専門知識や技法を適切に駆使でき、絶えずそれを向上させようと努力することができる

教育コンセプト

教育コンセプト

学部長メッセージ

こども教育学部長松原豊

こどもから学び、こどもの育ちに生かせる保育者をめざして

今日の幼児教育、保育を担う保育者には、グローバル化、情報化、価値観の多様化など、急速な社会変化の中、さまざまな課題への対応が求められます。そのため、本学では、授業と保育現場における実践との連続性の中で、「こども理解」「共感性」「思考・判断力」「表現力」など多様なニーズに応えることのできる力を育てていきます。さらに、今年度より、学生の興味・関心に応じて、もうひとつの力をつけることができる『宝仙マイスター制度』を設けました。「宝仙リトミックマイスター」「保育英語マイスター」「食育おやつマイスター」の分野から設定されたカリキュラムに沿って学ぶことによってマイスター認定証が学長より授与されます。
 学ぶことは本来楽しいことです。特に保育者になるという明確な目標をもっている皆さんにとって、本学の多様なカリキュラムによる実践や経験は多くの楽しみや満足感をもたらしてくれると思います。

こども教育学部幼児教育学科で取得できる免許・資格

こども教育学部幼児教育学科で取得できる免許・資格

本学において所定の科目および実習の単位を修得することで、卒業と同時に、幼稚園や保育所、認定こども園で幼稚園教諭や保育士、保育教諭として働くために必要な「幼稚園教諭一種免許状」「保育士資格」の2つの免許・資格を取得できます。さらに、乳児院や児童養護施設、母子生活支援施設、障がい児入所施設、児童発達支援センターなどの児童福祉施設でも保育士として働くことができます。また、公益社団法人全国保育サービス協会が認定するベビーシッター資格を取得することができます。

6つの学びの特長

1
ゼミナール
1年次からスタートする少人数制のゼミ
考える力を磨き、教育・保育の課題と向きあいます
こども教育学部幼児教育学科のゼミナールは1年次からスタート。10~12人の少人数制で、教員スタッフのきめ細やかな指導の下、一人ひとりが自ら考え、行動していく力を磨いていきます。 ゼミナールを詳しく見る
ゼミナール
2
教養科目
人間力を磨く、高める、多彩な学び
社会に求められる知識を身につけます
7つの領域からなる「総合基礎領域科目」。専門的な知識や技術に偏ることなく、現代社会で課題とされる多様な知識を身につけることは、自分とは違う生き方や価値観を学ぶ上でも重要です。 授業紹介を詳しく見る
教養科目
3
表現系科目
表現する楽しみ、喜びを体感!
実技を通して豊かな感性を磨きます
こどもたちの感性を育てていくためには、まず保育者自身が自分の感性を豊かにすることが必要です。本学では、「音楽」「造形」「ドラマ」「身体」からユニークな表現系カリキュラムを展開しています。 授業紹介を詳しく見る
表現系科目
4
体験学習・実習
実践的な保育力を伸ばす新カリキュラム、
「保育の現場を知る」が1年次からスタート
1年次の春学期から、新設科目「保育の現場を知る」の中で、本学に隣接する宝仙学園幼稚園での体験学習をスタート。3年生からの本格的な実習に備えることができます。4年間を通じて実戦的な経験を重ね、学習効果を高めていく本学独自のカリキュラムです。 体験学習・実習を詳しく見る
体験学習・実習
5
課外プログラム
異文化・多文化社会や地域の人々と関り、
幼児教育・保育の学びを広げる
富山県南砺市利賀村で行われる「利賀村研修」とオーストラリアで行われる「オーストラリア幼児教育体験・英語研」。地域の人々や、異文化・多文化社会と交流し、保育者としてより成長していくための、貴重な機会となるものです。 課外プログラムを詳しく見る
国内・国外研修イメージ
6
社会貢献・地域連携
専門家の視点から子育てを支援
地域に根ざした活動に力を注いでいます
幼児教育や保育、また子育ての質の向上のためには、地域での子育て支援や家庭での保育を通し、こどもの生活環境の見直しや、大人とこどもの関係づくりを支援していくことが大切です。本学では、こどもを取り巻くさまざまな社会環境や地域の課題と向きあい、「地域の幼児教育・保育機関との連携活動」「子育て支援のための共同研究活動」「学生参加型プログラムの推進」「公開講座や講演会の企画」の4つのテーマから、子育て支援への専門的かつ継続的な社会貢献・地域連携活動を実施。地域子育て支援を目的とする「子育てひろば」や、東北再生に向けたボランティア活動など、幅広いプログラムを展開しています。 公開講座・地域連携を詳しく見る
地域社会貢献

toTop