検索結果

トップ >  こども教育学部 > 林隆嗣教授

林 隆嗣 教授

HAYASHI

洞察力と情熱と慈しみの心をもって一歩前へ。

プロフィール

学歴東北大学文学部卒業
東北大学文学研究科印度学仏教史専攻修士課程(博士前期2年の課程)修了
東北大学文学研究科印度学仏教史専攻博士課程(博士後期3年の課程)単位取得退学
デリー大学文学部仏教学科博士課程修了
Ph.D. (Buddhist Studies), University of Delhi (India)
学位・資格 Ph.D. (Buddhist Studies)
所属学会・協会等日本印度学仏教学会
パーリ学仏教文化学会
Sri Lanka Association for Buddhist Studies
論文・著書等林隆嗣, "アバヤギリ派の十二縁起―『有為無為決択』第14章―," 佛教研究, vol.38, pp.191-222, 2010.
林隆嗣, "アバヤギリ派の五蘊・十二処・十八界―『有為無為決択』第13章―," 佛教研究, vol.36, pp.167-208, 2008.
林隆嗣, "sattaはどこから来てどこへ行くのか―パーリ仏教における主体の問題," 日本佛教学会年報, vol.71, pp.61-70, 2006 (= 『仏教の霊魂観』,日本佛教学会編,平楽寺書店,京都,2010年,pp.61-70).
Takatsugu Hayashi, "The Vimuttimagga and Early Post-Canonical Literature (I)," 佛教研究, vol.31, pp.91-122, 2003., "(II)," 佛教研究, vol.32, pp.59-82, 2004., "(III)," 佛教研究, vol.34, pp.5-33, 2006.
林隆嗣, "異熟概論 (異熟論)―パーリ註釈文献の源泉資料に関連して―," 印度學佛教學研究, vol.53, no.2, pp.898-892 (107-113), 2005.
学会発表・講演等林隆嗣, "上座部の共業(sadharana-kamma)について―聖典からブッダゴーサへ―," 日本印度学仏教学会 第61回学術大会, 立正大学, 2010年9月11日.
林隆嗣, "アバヤギリ派の色法と睡眠色," 仏教思想学会 第二十六回学術大会, 早稲田大学, 2010年7月10日.
Takatsugu Hayashi, "Sopakapanhavyakarana: A Source Material of Buddhadhosa’s Commentary,"The 3rd Biannual International Conference of Sri Lanka Association for Buddhist Studies, Buddhasravaka University (Anuradhapura, Sri Lanka), 8-10 December, 2008.
Takatsugu Hayashi, "Similes of Simultaneous Comprehension (abhisamaya) of the Truths in Theravada Buddhism," 2008 Korea Conference of Buddhist Studies, Dongguk University (Seoul, Korea), 17-18 May 2008.
Takatugu Hayashi, "Mind-Reading and Verbal Intimation," The 2nd Biannual International Conference of Sri Lanka Association for Buddhist Studies, Peradeniya Univ., Kandy, Sri Lanka), 18 November 2006.
社会的活動

日本印度学仏教学会理事、評議員、編集査読委員、常務委員
佛教思想学会評議員

公益財団法人中村元東方研究所東方学院講師「パーリ語入門」「パーリ語文献講読」

徳本寺十三日講講師

その他アビダンマ思想研究、パーリ註釈文献研究

toTop