検索結果

こども教育学部 > 林隆嗣教授

林 隆嗣 教授

HAYASHI

洞察力と情熱と慈しみの心をもって一歩前へ。

プロフィール

学歴東北大学文学部卒業
東北大学文学研究科印度学仏教史専攻修士課程(博士前期2年の課程)修了
東北大学文学研究科印度学仏教史専攻博士課程(博士後期3年の課程)単位取得退学
デリー大学文学部仏教学科博士課程修了
Ph.D. (Buddhist Studies), University of Delhi (India)
学位・資格 Ph.D. (Buddhist Studies)
所属学会・協会等日本印度学仏教学会
パーリ学仏教文化学会
Sri Lanka Association for Buddhist Studies
論文・著書等林隆嗣, "上座部大寺派における「仏所説」(buddhabhāsita)と「仏語」(buddhavacana)―失われた上座部文書『大法心』・『大界論』の位置づけをめぐって―," パーリ学仏教文化学, vol.32, pp.43-63, 2018.
林隆嗣, "意識を向けていること、じゅうぶんに理解していること―パーリ仏教における念と正知―," こども教育宝仙大学紀要, vol.10, pp.21-31, 2019.
林隆嗣, "瞑想の阻害と負の意識反応―『清浄道論』を中心として―," こども教育宝仙大学紀要, 11, pp.21-30, 2020.
林隆嗣(訳), 中村元監修, 前田專學編集『原始仏典Ⅲ 増支部経典 第七巻・第八巻』, 春秋社, 2029, 2020.
林隆嗣, "仏教の霊魂観," 『大法輪』, 大法輪閣, pp.110-114, 2020.6
学会発表・講演等「上座部大寺派とアバヤギリ派における頭陀支の解釈―『解脱道論』の所属部派に関連して―」パーリ学仏教文化学会第31回学術大会(於武蔵野大学), 2017年5月27日.
「パーリ註釈文献におけるsaccaの分類―『解脱道論』との比較―」日本印度学仏教学会第68回学術大会(於花園大学), 2017年9月2日.
「上座部大寺派における「仏所説」(buddhabhāsita)と「仏語」(buddhavacana)―失われた上座部文書『大法心』・『大界論』の位置づけをめぐって―」パーリ学仏教文化学会第32回学術大会(於龍谷大学), 2018年5月26日.
「『論事』の正典化―上座部大寺派における「声聞所説」と「仏所説」―」日本印度学仏教学会第69回学術大会(於東洋大学), 2018年9月1日.
「骨の想(相)を増大してはならない―上座部仏教における不浄観の解釈―」日本印度学仏教学会第71回学術大会(於創価大学), 2020年7月4日.
社会的活動日本印度学仏教学会理事、評議員、編集査読委員、常務委員
その他アビダンマ思想研究、パーリ註釈文献研究

toTop