検索結果

トップ >  こども教育学部 > 捧公志朗教授

捧 公志朗 教授

SASAGE

表現の楽しさを伝えていく保育者に。

プロフィール

学歴武蔵野美術大学造形学部油絵学科卒業
筑波大学大学院芸術研究科(修士課程)デザイン専攻総合造形分野修了(芸術学修士)
学位・資格芸術学修士
所属学会・協会等日本文化史学会
全国大学造形美術教育教員養成協議会
論文・著書等捧公志朗、「インスタレーションにおける内部空間の知覚―考察研究(1).メタファーとしての茶室から―」(宝仙学園短期大学紀要34号、pp.7-14、2009年)
捧公志朗「インスタレーションにおける空間の視知覚性について―自己の制作研究からの考察と整理―」(宝仙学園短期大学紀要35号、pp.1-8、2010年)
学会発表・講演等目黒区美術館ワークショップ「時間と場所に出会うワークショップ:アート・ピクニック」講師(目黒区美術館、O-NE manokurozasu、2006-2009)
中野区保育園職員研修講師「保育技術研修B:絵画・造形」(中野区、2008-2010)
社会的活動飯能市立南高麗小学校評議委員(埼玉県飯能市教育委員会より委嘱、現在に至る)
飯能市立南高麗小学校学校関係者評価委員(埼玉県飯能市教育委員会より委嘱、現在に至る)
オルタナティブ・アートスペース・O-NE manokurozasu(埼玉県飯能市)運営代表
その他「新建築住宅設計協議1997」佳作受賞(作品「コラボレーションの家」、建築家・小倉康正氏との共同制作作品、1997年)

toTop