検索結果

トップ >  こども教育学部 > 捧公志朗教授

捧 公志朗 教授

SASAGE

表現の楽しさを伝えていく保育者に。

プロフィール

学歴武蔵野美術大学造形学部油絵学科卒業
筑波大学大学院芸術研究科(修士課程)デザイン専攻総合造形分野修了
京都市立芸術大学大学院美術研究科博士(後期)課程美術専攻メディアアート領域修了
学位・資格芸術学修士
博士(美術)
所属学会・協会等アートミーツケア学会
全国大学造形美術教育教員養成協議会
論文・著書等捧公志朗「インスタレーションにおける空間認識と「仕切り」についての省察」(京都市立芸術大学博士論文、2015年)
捧公志朗「造形表現活動《ペーパーホール》の実践とその考察―保育における表現と美術の関連性を通じて―」(こども教育宝仙大学紀要9(2)号、pp.109-116、2018年)
学会発表・講演等中野区保育園職員研修(現「保育実践研修」)講師(東京都中野区、2008年-)
別府大学短期大学部 幼児・児童教育研究センター講演「「つくる」と「あそぶ」―身近な素材と造形表現あそびの実践―」(別府大学、2018年)
社会的活動アートスペースnohako(東京都中野区)のアートディレクターとして、現代美術の展覧会のキュレーションを行う(2015年-)
その他東京都中野区の保育園・幼稚園を中心に、造形表現あそびの指導を展開

toTop