検索結果

こども教育学部 > 塩野谷祐子准教授

塩野谷 祐子 准教授

SHIONOYA

身体をたくさん動かして、
心身ともに健康に。

プロフィール

学歴お茶の水女子大学 文教育学部舞踊教育学科舞踊教育学専攻 卒業
東京大学大学院 教育学研究科総合教育科学専攻 修士課程 修了
お茶の水女子大学大学院 人間文化創成科学研究科比較社会文化学専攻 博士後期課程 修了
学位・資格
【学位】
修士(教育学), 博士(学術)
【資格】
中学校教諭専修免許 (保健体育科) ,高等学校教諭専修免許 (保健体育科)
所属学会・協会等日本保育学会
日本発育発達学会
幼少児健康教育学会
日本保育文化学会
日本小児保健協会
日本乳幼児教育・保育者養成学会
教育文化学会
論文・著書等【論文】
  1. 母子の身体活動状況 : 就業形態による比較」塩野谷祐子 保育文化研究第13巻 pp.15-22 2021年
  2. 「The relationship between the frequency of preschool children’s physical-motor-plays and maternal health 」Yuko SHIONOYA ,Mayumi KUNO-MIZUMURA 教育文化研究第9号 pp.17-29 2021
  3. 「母子一緒の運動遊びに関する母親の志向についてー母親の自由記述の分析-」塩野谷祐子 保育文化研究第11巻 pp.45-56 2020年
  4. 「母子一緒の活動時間と母および幼児の身体活動との関連」塩野谷祐子 ,水村 (久埜)真由美 人間文化創成科学論叢第21巻 pp.83-94 2019年
  5. 「幼児の体力と母親の健康度の関係」塩野谷祐子 ,水村 (久埜)真由美 日本幼少児健康教育学会誌 3(2) pp.83-89 2018年

【著書】
  1. 『保育士を育てる⑦子どもの健康と安全』 (共著) 一藝社 2020年
  2. 『保育内容の理論と実践』 (共著) 保育出版会 2018年
  3. 『保育内容シリーズコンパクト「健康」』 (共著) 一藝社 2018年
  4. 『子どもが育つ環境と保育の指導法』 (共著) 保育出版会 2016年
  5. 『楽しく遊んで体づくり!幼児の運動あそび「幼児期運動指針」に沿って』 (共著)チャイルド本社 2015年
学会発表・講演等【講演】
  1. 「イマドキの子育て事情-心身健康な子どもを育成するために親が、社会ができること-」 (いちかわ市民アカデミー講座) (市川市教育委員会 社会教育課)2015年10月
  2. 「幼児期の身体活動促進に向けて」 (文京区立青柳幼稚園 (保護者向け))2019年9月
  3. 「子どもの興味関心を引き出す運動遊びの工夫~幼保小に共通して大切なこと」 (「子どものよりよい成長を考える研修会」にて) (川越市教育委員会学校教育部主催)2016年8月
社会的活動
  • 里見公園分園にてプレーパーク開催 (「いちかわ外遊びの会」との共催・市川市教育委員会後援)2016年5月
  • 文京区立青柳幼稚園において「親子の運動遊び」実技指導 2018年5月
  • あつぎ協働大学特別講座[作って遊ぼう!~手作りフライングディスク~] (幼児・小学生対象)2018年8月
  • 文京区立明化幼稚園において「幼児への運動遊び」実技指導 2018年9月 ,2019年2月
  • 「神奈川県保育エキスパート等研修事業」の「保育士等キャリアアップ研修「保育実践」」の「身体をつかった遊び」分野の講師担当 2018年~継続
  • 柳町こどもの森文京区立柳町幼稚園・保育園の園内研究講師担当 (2018年4月~2020年3月)
  • 船橋市公立保育園の保育者向け体育実技指導 (幼児期の発達に即した実践に繋がる実技、手法を学ぶ)の講師を担当 (2019年5・6月)
その他國學院大學 公立試験対策講座 (子どもの保健)講師 (2017年1・11月 ,2019年12月)

toTop