検索結果

トップ >  こども教育学部 > 照屋洋教授

照屋 洋 教授

TERUYA

人は優しくなるために学ぶのです。
一緒に学びましょう。

プロフィール

学歴横浜国立大学教育学部卒業
学位・資格教育学士
小学校教諭1級, 中学校教諭1級(国語), 高等学校教諭2級(国語)
認定ダンスセラピスト
認定ドラマティーチャー
所属学会・協会等日本演劇教育連盟
日本ダンス・セラピー協会
日本芸術療法学会
論文・著書等日常稽古のやり方――ワークをより深く行うために」(晩成書房「演劇と教育」2020,3・4月号より連載中)
「保育を学ぶ学生たちのコミュニケーション能力を高める学び ――こころとからだを開くことを中心に――」(こども教育宝仙大学紀要2018,pp.75-83)
「保育者養成校におけることばとからだの指導について」(こども教育宝仙大学紀要2017,pp.109-116)
「学校でできること~からだへのアプローチ」(かもがわ出版「教育」2015,2 pp.41-48)
「『伝わるせりふ』で気がついた生徒たち」(晩成書房「演劇と教育」2006,11 pp11-15)
「親子で体験する気づきとコミュニケーションのレッスン 『こころとからだの学級』の試み」(晩成書房「演劇と教育」2004,5  pp14-19)
脚本「あの日から」(晩成書房「演劇と教育」2019,3・4,  pp77-87)
脚本「新ゲームオーバー」(晩成書房「演劇と教育」2014,5  pp58-69)
脚本「幸せのバトン」(晩成書房「演劇と教育」2012,11  pp55-66)
学会発表・講演等日本児童青少年演劇協会 演劇教育ファシリテーター養成講座講師(2019.7、8)
日本ダンス・セラピー協会研修講座講師(2018.5、12、2019.5、12)講演「教師として大切なことは全て演劇教育で学んだ」2016,6 中学校演劇教育研究会
日本ダンス・セラピー協会年次大会での実技発表(1990-2010,2012-2016)
日本ダンス・セラピー協会2017年東京大会で大会会長
芸術療法学会での実技発表(2006,2009)
日本演劇教育連盟主催シンポジウム パネリスト(2006,2011)
社会的活動日本ダンス・セラピー協会前理事、認定ダンスセラピスト
山梨大学公開講座講師(1999-2009)
公立中学校演劇部外部指導員
日本演劇教育連盟理事
日本演劇教育連盟指導者養成プログラムプロジェクトチーム立ち上げから参加
主催する劇団の舞台公演
他に、社員研修、職員研修、一般の方対象の講座等でドラマやムーブメントのレッスンを行っている。
その他 

toTop