検索結果

トップ > マイスター制度

もうひとつの力 マイスター制度2017

マイスター制度とは?

さらに専門的な知識と技術を習得し、“もうひとつの力”を養い、時代に対応できる保育者へ 「宝仙マイスター制度」とは、もっと能力を磨きたいと考える分野のプログラムを選択し、カリキュラムに沿った認定条件を満たすことで、マイスター認定証が授与される制度です。
これまでの「宝仙リトミックマイスター」「保育英語マイスター」「食育おやつマイスター」と、新たに加わる「キッズダンスマイスター」の4つのプログラムが開設されています。

認定証

宝仙リトミックマイスター
リトミックを通じてこどもの頭・心・身体を育てるより高い実践力を育成
からだ全体で音楽を味わい、心身の調和を図る「リトミック」は、さまざまな保育現場で活用されています。リトミックマイスターを取得することで、高い実践力が身につきます。

★必要なスキル

こどもたちの聞く力を育て、感性を養い、心身の調和をはかることのできるリトミックが実践できる。

★認定条件
選択科目である「リトミック」「専門研究ゼミⅠ・Ⅱ」(伊藤ゼミ)の履修

宝仙リトミックマイスター

めざせ!宝仙リトミックマイスター
K.Yさん
4年  K.Yさん
こどものリズム感や表現力を養うリトミック。保育の現場で役立つスキルだから私はリトミックマイスターを選びます!
保育英語マイスター
乳幼児の保育に必要な英語力を身につけ、グローバル化に対応できるより高い実践力を育成
保育英語マイスターでは、現場で日常英語や英語教育ができる保育者、ネイティブの英語教員や多文化の教職員と交流できる保育者、多文化保育ができる保育者をめざします。

★必要なスキル

「なわとび」「おにごっこ」といった遊びの言葉、こどもや保護者との会話など、保育に必要な英語が活用できる。

★認定条件
「実践英語(初級・上級)」の単位修得/「こども英語指導法」の単位修得/「オーストラリア幼児教育・保育体験および英語研修」プログラムの修了/「保育英語検定2級」取得のうち3つ以上をクリアすること

保育英語マイスター

めざせ!保育英語マイスター
T.Sさん
4年  T.Sさん
オーストラリアの研修で多文化や日本との保育観の違いを学んで、保育英語マイスターをめざし、自分の将来に役立てたいです。
食育おやつマイスター
「食育活動」と「おやつカリキュラムづくり」のより高い実践力を育成
このプログラムでは、食に関する保育活動に積極的に取り組める保育者をめざし、“おやつ作りを通じて幼児が生きる力を身につけること”をサポートする力を育成します。

★必要なスキル

食の基本所作を習得し、食育やおやつへの理解を深める。こどもの力を伸ばすおやつの考案や食育活動が実施できる。

★認定条件
「子どもの食と栄養(健康と食生活・発達と食生活)」「食育と現代社会」の履修および「宝仙食育おやつマイスタープログラム」の受講

食育おやつマイスター

めざせ!食育おやつマイスター
O.Wさん
4年  O.Wさん
食育について、楽しく分かりやすくこどもへ伝えていきたい!実習で苦労したことを食育おやつマイスターで克服します!
今年度よりスタート!
キッズダンスマイスター
「こども向けダンス」「身体表現」に関する指導力・創作力を身につけ、より高い実践力を育成
こども向けダンス・身体表現に関する実技・理論を習得し、こどもの表現力を豊かに引き出せる力を育成します。

★必要なスキル

ダンス・身体表現の専門的な創作や指導が実践できる。また、自身の表現力を高め、他者の多様な表現を受け入れることができる。

★認定条件
「キッズダンスマイスタープログラム」を履修/外部団体主催のこども向けダンス関連事業に参加すること

キッズダンスマイスター

toTop