検索結果

トップ > ニュース一覧 > 児童養護施設でのインターンシップが始まります

児童養護施設でのインターンシップが始まります

~児童養護施設「広尾フレンズ」とインターンシップ協定を結びました~
 
これまで、約1年間、「広尾フレンズ」と本学の間で何度もインターンシップ協定に関する話し合いの場を設け、試行的に事前オリエンテーションや学生の学習会、ボランティア活動などを行ってきました。
平成26年1月29日、社会福祉法人福田会 児童養護施設 広尾フレンズ 土屋學施設長とこども教育宝仙大学 山本秀行学長が協定書の内容確認及び調印式を行い、無事に協定を締結しました。
いよいよ、インターンシップのプログラムが本格的に始動いたします。
インターンシップでは約半年の準備・学習期間を経て、職員と同じようにシフトに入ることで社会的養護の知識や技術を深めていきます。実習とは別に、学生の自主性による参加であること、より専門的な対応ができるようなプログラムであることなどから、より意識の高い取り組みとなります。
プログラムの中ではこどもへの対応だけではなく、施設職員と合同での研修会やケース対応検討会なども予定されており、学生にとっては、就職までをも見すえた有意義なカリキュラムとなるだろうと思います。このような機会を積極的に活かし、将来こどもと社会に貢献できる専門性を持った社会人になってほしいと願っています。

140129インターンシップ協定調印

140129インターンシップ協定締結

社会福祉法人福田会 児童養護施設 広尾フレンズ
http://www.fukudenkai.or.jp/

toTop