検索結果

トップ > ニュース一覧 > ピックアップ授業「図画工作演習」

ピックアップ授業「図画工作演習」2年生春学期

担当: 捧 公志朗

「図画工作演習」では、「造形表現活動に必要な素材や道具等に関する基礎的な使用方法を学ぶ」、「絵画表現や立体表現を通じ、造形表現活動に対する知識や技能を学ぶ」、「造形表現活動における楽しさや喜びを経験する」といったテーマから授業を行い、「子どもの造形表現」や「造形と子どもの遊び」について理解を深めていきます。特に授業では、身のまわりの生活環境から様々な素材を発見し活動に展開しながら、保育者に必要とされるクリエイティブな造形能力と柔軟な感性の育成を目指していきます。

今年度の授業では、「切り紙による花柄の造形遊び」、「はじき絵による海の世界」、「小麦粉粘土による造形遊び」「ジャンボシャボン玉遊び」、「手作り万華鏡」など、14に及ぶ制作課題に取り組みました。

受講した学生達からは次のような感想が寄せられています。「限られた材料の中で、いかに工夫して楽しくつくるか身をもって学べたと思います。また毎回、子どもに戻ったように無邪気に楽しむことができ、先生の説明や手本を通して、子どもの目線や安全な活動の仕方が分かりました。」

これからも学生の個性を大切にしながら、楽しく学べる授業を続けていきたいと思います。

7月27日(日)オープンキャンパスにて模擬授業「こどもの絵画表現―スクリブルって何?―」を行いました。

1140716ピックアップ授業「図画工作演習」01

140716ピックアップ授業「図画工作演習」02

toTop