検索結果

トップ > ニュース一覧 > ピックアップ授業「保育の現場を知る」

体験学習へつなげよう ―「保育の現場を知る」の授業から―

担当: 目良 秋子,大沼 良子,佐藤 有香

こども教育宝仙大学では毎年1,2年生が隣接する幼稚園で体験学習を行っています。今年度1年生は7月に初めて幼稚園の保育室に入り子どもたちから“先生”と呼ばれる体験をしてきました。嬉しさと戸惑いと半々の表情をみせていた学生たちでした。

今後の体験学習では子どもたちへの絵本や紙芝居などの読み聞かせに取り組みます。そこで、1年生は夏休みを利用してエプロンシアターや紙芝居、フェルト絵本やペースサート、パネルシアター等々、さまざまな保育教材作成に挑戦しました。そして、まだ子どもの前で読み聞かせの経験のない1年生は先輩たちに自作の保育教材の実演発表会を行いました。3,4年生の先輩はとても親切に持ち方や声の工夫などの演じ方などアドバイスしてくれました。

子どもたちは手作り教材が大好きですので、1年生が作った絵本や紙芝居を持って体験学習だけでなく実習やボランティアでお話できるようになると子どもたちのお話を聞く真剣なまなざしや喜ぶ姿からきっと保育の魅力を感じることができることでしょう。

141111ピックアップ授業「保育の現場を知る」01

141111ピックアップ授業「保育の現場を知る」02

141111ピックアップ授業「保育の現場を知る」03

toTop