検索結果

トップ > ニュース一覧 > 学生相談室だより 2014年12月 Vol2

学生相談室だより 2014年12月 Vol.2(Web版)

毎年、アンケートにご協力いただき、ありがとうございます。 ご協力いただいたアンケートをもとに、こども教育宝仙大学の特徴を知って、学生相談室に活かしていく予定です。

2012年からアンケートをはじめて、3年目。見えてきた傾向をお伝えしたいと思います。

2012-2014年までのアンケート結果を見ると日常生活での不安や評価されることへの不安は学年の変化によって左右されることはあまりないようです。

2012年、2013年の本学のアンケート結果では学年が上がるにつれて大学生活のしんどさが増すことがわかりました。保育者養成校という性質上、学年が上がるにつれて実習等の負荷が多くかかっていることも影響しているかもしれません。 でも、2014年のアンケートではその傾向が小さくなってきました。それはなぜでしょうか?

2013年にこども教育宝仙大学として初めての卒業式を迎え、先輩たちの卒業後の進路や仕事ぶりを後輩たちが伝え聞くようになったことも大きな理由だと思います。 また、調査結果は大学の先生達にもお伝えしていますので、先生や事務の方々も学生の皆さんがよりよい大学生活を送れるようより工夫や配慮を散りばめたおかげなのかもしれません。

先輩達が後輩のサポートをして、サポートを受けた後輩が、そのまた後輩にサポートができて。そのつながりの中で大学生活が充実してくるようになる、とても素敵なことだと思います。より、その大変さが小さくなっていくよう学生相談室も応援して行きたいと思っています。

☆ひとやすみ☆ 「POSITIVE THINKING」

皆さんは、勝負場面で「自分は出来る!」と暗示をかけたことはありますか? 緊張したときに「大丈夫!」と心の中で唱えたことはあるでしょう。
このような自己暗示は、

  1. 勉強の能率が上がる
  2. イライラせず、穏やかになる
  3. 疲労の回復が得られる
  4. 自己向上性が増す

と考えられています。

全てにおいてポジティブ シンキングが効果的であるとは言えませんが、時には気持ちが落ち着くひとつの方法としてつかえるかもしれません。

ぜひ、自分のよいところを見つけてほめてあげましょう。

カウンセラーの年末年始予定

中島先生:
年末は12/25(木)まで。
年始は1/8(木)から。
相蘇先生:
年末は12/22(月)まで。
年始は1/5(月)から。
開室時間:
11:00~19:00(通常)

toTop