検索結果

トップ > ニュース一覧 > 子育てひろば 「みんなで遊ぼうかい」を開催しました

こども教育宝仙大学子育てひろば「みんなで遊ぼうかい」を開催しました


 こども教育宝仙大学4号館401教室は、昨年度より「子育てひろば」としての役割も担っています。「子育てひろば」は、こども教育宝仙大学こども教育学部が開設し、「地域子育て支援室」が支援し、学生自身が主体的に運営する乳幼児親子のための遊びのひろばです。この場に集って、親子で楽しく遊び、楽しくおしゃべりを交わし、ほっと一息ついていただくための場所になればと願っています。また、学生にとっては、子どもとの遊びを通した実践的な学びの場ともなっています。 
 今年度は、1回目を7月に区民公開講座と共同で開催しました。今回は、保育者をめざして学んでいる「プレ保育者」である本学の学生が企画・運営した「あそびの会」を2月26日(木)10:00~12:00に開催しました。
 当日はあいにくの雨模様でしたが、7ヶ月~5歳までの乳幼児約30名(保護者の方も加えると約50名)に参加していただけました。当日のプログラムは以下の通りです。
 

○ 自由遊び
○ 手遊び:立花・浪貝(3年)
○ 手 品:石島(2年)、大塚・大澤(1年)
○ ねずみくんとリンゴ:児童文化研究会
○ へんしんトンネル:児童文化研究会
○ パネルシアター「どっこいしょだんご」:三谷(3年)
○ パネルシアター「あたま・かた・ひざ・ぽん」:林(3年)、大塚・大澤・堀(1年)

 

自由遊び1

自由遊び2

自由遊び3

手品

ねずみくんとリンゴ

へんしんトンネル

パネルシアター「どっこいしょダンゴ」

あたま・かた・ひざ・ぽん

【参加者の感想】
  • 「今日はすごく楽しいイベントに参加させていただき、とてもありがたかったです。子どもはまだ7ヶ月で小さかったので、乳幼児のコーナーがありがたかったです。私は『ネズミくんとリンゴ』と『へんしんトンネル』がすごく面白くて、みなさんとても研究していらっしゃると思いました。」(7ヶ月児母)
  • 「とても楽しかったです。お兄さん、お姉さんの出し物もとても手がこんでいて、びっくりしました。また来たいです。」(2歳児母)
  • 「子どもが楽しく遊べてとても良かったです。『あたま・かた・ひざ・ぽん』が楽しそうでした。」(4歳児母)
  • 「パネルシアターのお団子が一つひとつ取れるところがすごくよかったです。お団子を子どもに投げると反応があるところも興味深く、ほほえましく思いました。」(5歳児母)

【学生スタッフの感想】
  • 「楽しかったです。保護者の方たちが見ている場だったので、最初は緊張しましたが、遊び始めると子どもの方から寄ってきてくれて自然に遊ぶことができました。1年生の体験学習では、1年生だけでしたが、今日は大学の先輩方と一緒だったのでとても勉強になりました。先輩方の子どもとの関わりは、やっぱり一味違うものがあるなと感じました。」(1年生)
  • 「2度目の子育て広場もとても楽しく充実した時間でした。昨年度よりも子どもが多く、たくさんの子どもと遊べたと思います。出し物では、『ねずみくんとリンゴ』でリンゴを食べ終えたときに「おお!」という声や『へんしんトンネル』の時も言葉を一緒に言ってくれたりと反応もよく、やっていてとても楽しかったです。」(2年生)
  • 「今回のイベントを通して学んだことは、遊びの中でも周りをよく見るということでした。一人で遊んでいる子ども、周りと上手に関われない子どもを意識して対応しました。」(3年生)

学生スタッフ一同

toTop