検索結果

トップ > ニュース一覧 > 中東呼吸器症候群(MERS)について

中東呼吸器症候群(MERS)について

2012年以降、中東地域を中心に、中東呼吸器症候群(MERS)が発生しています。

2015年の5月下旬ごろから、韓国において感染が急拡大し、渡航歴のある人から、その後二次感染・三次感染が発生し感染の拡大が懸念されています。

現段階では、WHOは感染の影響が及んだ国への渡航制限はありませんが、感染例が報告されている地域に渡航を予定する方は、最新の情報を入手するとともに、以下のことを参考に感染予防に努めてください。

MERSの主な症状

発熱、せき、息切れなどです。下痢などの消化器症状を伴う場合もあります。

主に飛沫感染(咳やくしゃみなどによる)又は接触感染によると考えられています。

MERSに感染しても、無症状、軽症の人もいますが、慢性疾患(糖尿病、高血圧、喘息、腎障害、心疾患、呼吸器疾患等)を持っている場合は重症化するリスクが高く、注意が必要です。

渡航前の注意事項

渡航中の注意事項

渡航後の注意事項

参考情報

厚生労働省検疫所ホームページ 「中東に渡航する方へ <中東呼吸器症候群に関する注意>」
外務省 海外安全ホームページ
外務省 海外安全ホームページ(携帯版)

toTop