検索結果

トップ > ニュース一覧 > オープンキャンパス報告(6/21)

オープンキャンパス報告(6/21)

小雨の混じる曇天のなか、6月21日の日曜日の朝、本学の平成27年度第3回目のオープンキャンパスがスタートしました。

当日のプログラムは「大学説明」より開始されました。こども教育宝仙大学に初めて来学される参加者や受験を考えている参加者の皆さんには、保育者養成校としての歴史と伝統のある本学の教育特色や本学が受験生に求める事とその理由を理解してもらえたと思います。

今回のオープンキャンパスでは、教員の佐藤有香による模擬授業が行われました。テーマは「こどもにとって環境とは?」でした。

まず、保育というものが環境を通して行われることとその重要性を例を挙げて説明しました。

次に、この環境を物的環境と人的環境に分け、受講生に自分自身の幼いころを思い出しながら書き出してもらいました。その中で、保育者や仲間、遊具など様々な環境がこども達にとってどのような意味があるのか考えていきました。また、保育者が環境を構成していく際にはこども達がどのような経験や気持ちを味わって欲しいのかということを考えながら行っていることを説明していきました。

さらに、本学の授業科目を挙げ、学生がこの環境を構成する能力をどのように伸ばしていくかを説明し、本学での学びについての概要を説明しました。

短い時間でしたが、保育者の役割と大学での学びを結びつけて考える機会になったのではと思います。

参加者の方からは、「保育者や園での環境によってこどもの育ちが変わっていくので、まず自分自身が環境を理解して、こどもがこどもに合った環境に出会えるように援助していけるようにしたいです。」との感想も寄せられました。

イベントはこれらのプログラムの他、学生広報サポーターによる「キャンパス見学」や「大学生に聞いてみよう」が行われ、在学生自身の視点からの熱のこもった説明を伝えることができました。また、教職員による「個別相談」には、昨年度よりも多くの方が足を運ばれ、特に、3年生で出願を念頭に置いた入試に関する具体的な相談をされる参加者が多く、真剣さがあふれるものとなりました。

ご参加頂きました高校生の皆さん、保護者の方々、本当にありがとうございました。

次回のオープンキャンパスは7月12日(日)の開催です。多くの皆さんのご来校を心よりお待ちしています。

模擬授業150621

模擬授業

個別相談150621

個別相談

大学生に聞いてみよう150621

大学生に聞いてみよう

toTop