検索結果

トップ > ニュース一覧 > 今年も「遊ぼう会」を開催しました

こども教育宝仙大学子育てひろば

「みんなで遊ぼう会」を開催しました
 
こども教育宝仙大学4号館401教室は、「子育てひろば」としての役割も担っています。「子育てひろば」は、本学の「地域子育て支援委員会」が推進し、学生自身が主体的に運営する乳幼児親子のための遊びのひろばです。この場に集って、親子で楽しく遊び、楽しくおしゃべりを交わし、ほっと一息ついていただくための場所になればと願っています。また、学生にとっては、子どもとの遊びを通した実践的な学びの場ともなっています。 
今年度は、保育者をめざして学んでいる「プレ保育者」である本学の学生が企画・運営した「みんなで遊ぼう会」を2月25日(木)10:00~12:00に開催しました。
0歳代~3歳代の乳幼児約30名(保護者の方も加えると約60名)に参加していただけました。お楽しみ会のプログラムは以下の通りです。
 
○ 自由遊び
○ 人形劇「へびさんの行進」:児童文化研究会
○ ペープサート「だるまさんが…」:児童文化研究会
○ 手遊び:児童文化研究会
○ 創作劇「北風と太陽」:Super Kids Company
○ ダンス「手のひらを太陽に」「きのこの唄」:Ciel
○ 自由遊び
 
【参加者の感想】
「自由遊びの時間も笑顔で子どもの目線で接していただき、最初恥ずかしがっていた息子もすぐ打ち解け「楽しい!!」と言っておりました。お楽しみ会も参加型で、楽しんでいる姿を見られて親もうれしく思いました。楽しい時間をありがとうございました。」(3歳児 母)
「初めての場所であったが、娘がとても興味を持ってすぐに場になじんで遊び始めたので、来てとてもよかったです。手作りのおもちゃ等参考になりました。」(0歳児 母)
「ボーネルンドで遊べたり、学生さんに遊んでもらえたり、とても良かったです。学生さんがとても優しかったので安心して遊べました」(1歳児 母)
「学生さんたちが、こまやかに子どもたちへ気を配ってくださいました。ステージのプログラムは子どもたちに参加を促しながら、楽しく進めていただき、3歳になって集中してお話を聴けるようになったこともうれしい発見でした」(3歳児 母)

自由遊び1

へびさんの行進

だるまさんが

手遊び

北風と太陽

ダンス「手のひらを太陽に」

ダンス「きのこの唄」

学生スタッフ一同

toTop