検索結果

トップ > ニュース一覧 > 課外プログラム(国外)・オーストラリア研修を終えて

2016年「オーストラリア幼児教育・保育体験及び英語研修プログラム」
無事、良い評価を受けて帰国!

3年生12名、4年生14名が、姉妹校Imagine Education Australiaで研修してきました。指導・引率教職員等がついて総勢31名です。本研修3回目でいちばん大人数になり、保育英語は2クラスに分かれ、実習体験はImagine 附属園を入れて5園で行いました。先住民のお話、保育士養成課程の模擬授業受講もありました。特に、各人のクラスでの保育プレゼンとImagine園での全員のグループ発表は子どもたちに喜ばれ、良い評価をいただきました。Gold Coastの街歩き、Currumbin Wildlife Sanctuaryでの自然体験もあり、盛りだくさんでした。多文化主義オーストラリアの幼児教育・保育に触れ、今後に活かせそうです。

(指導・引率教員 福岡眞知子)

初日の保育体験を終え、ある学生から「先生、こどもは世界どこでも同じだね!」という感想が聞かれました。多民族、多文化のオーストラリアでの保育体験を通して、保育者として一番大切なことを肌で感じ取ることができたことは、これからの保育者人生で非常に貴重な経験になったことと思います。今回の研修を終え、学生達は、現地のこどもや先生方との関わりの中で、言語というコミュニケーションのツールだけではなく、非言語でのコミュニケーションを通して、多くのお土産をいただき日本に帰国しました!

(指導・引率教員 佐藤有香)

160905オーストラリア研修(いよいよ研修が始まります)

160908オーストラリア研修(幼児教育保育体験)

参加者の感想

3年 O.R.:
とても良い機会をもらったと思います。Imagineの先生方や周りの先生方が一緒にいてくださるので、安心して過ごすことができました。また、オーストラリアの保育のやり方がとても新しくて勉強になりました。
3年 N.K.:
英語を常に話すということが初めてだったので、自分の英会話力を知ることができました。外国の子どもたちとあれほど長い時間触れ合うことができたのは、とても貴重な体験だと思いました。オーストラリアの食事、生活リズム、町なども体験でき、とても充実した1週間を過ごせました。
4年 I.M.:
緊張もありましたが、楽しみのほうが多くありました。プレゼンテーションのときも、smileで子どもたちが楽しめるよう問いかけたりしながら楽しみながら行なうことができました。日本ではできない経験をたくさんすることができ、肌で感じることができました。ここで身に着けたことを日本へ戻っても活かしていきたいです。
4年 E.R.:
実習体験では、日本とは違う保育に驚くことがありました。子どもたちがとても自由にしている姿や、自分たちで考え、遊ぶ姿に、日本でも応用できることもあると感じました。たくさんの国籍の子ども、保育者とかかわることで、たくさんの考えや感じ方を持ち、豊かに成長していくと思いました。
4年 K.K.:
実際に行ってみると、日本では見られないような景色を見たり、保育所を含め文化の違いなどに触れ、新しい発見や疑問などを感じることができました。また、自分の知識と英語力で自分の意思を伝えなければならないことにより、積極性や主体性などを、今までよりも身につけることができたように思います。今回の体験で、より自信をつけることができました。このような貴重な経験をさせていただき、本当に感謝しています。

160908オーストラリア研修(幼児教育保育体験)

160908オーストラリア研修(幼児教育保育体験)

160907オーストラリア研修(保育英語研修でプレゼン力を磨く)

160907オーストラリア研修(幼児教育保育の模擬授業風景)

160909オーストラリア研修(全員、修了証書を手にすることができました)

160909オーストラリア研修(校長先生から修了証書をいただきました)

160904オーストラリア研修(Surfers-Paradiseは快晴でした)

160908オーストラリア研修(先住民のお話から文化を知る)

toTop