検索結果

トップ > ニュース一覧 > 卒業研究発表会が行われました

卒業研究発表会が行われました

2017年3月6日、2016(平成28)年度「専門研究ゼミII 卒業研究発表会」が本学体育館で開催されました。

学生たちは、各自が選択したゼミに所属して、研究に対する姿勢と方法、文献講読、調査などの方法、論文の書き方などを担当教員から学び、経験を重ねてきました。最終決定した各人のテーマを追い、ゼミの中で議論し、相互にコメントしあい、助け合い、卒業研究を完成させました。卒業研究発表会は、このように「基礎ゼミ」から積み上げてきた本学での学びの集大成を発表する機会です。

会では、9つのゼミから代表がパワーポイントや製作物などを利用してそれぞれの研究内容を発表しました。

発表テーマのうち、「兄弟構成による性格への影響について」、「絵本『ピーマンマンとよふかし大まおう』をモチーフにした創作オペレッタの試み」、「発達障がいの子どもとのかかわり」、「音の出るものとかかわる乳幼児の行為の検討 ―廃材を利用した手作り楽器へのかかわり方に着目して―」、「子どもの主体性を大切にする保育環境に関する研究、ユニークなクレヨンの提案 ~オリジナルクレヨン《unique×crayon》の制作を通じて~」、「子どもが楽しく遊べる遊具 ―高所平気症対策のダンボール滑り台―」では、幼児教育・保育の教材、創造・表現活動に関する内容で、本学の特徴、表現教育の充実がよく表れていました。「鬼のイメージと役割 ―保育における鬼は悪者なのか―」や「『ハーメルンの笛吹き男』と実話 ―中世ヨーロッパの子どもたち―」という発表では、日本の民話から外国文化まで、理解の広がりが感じられました。

多彩、多様な発表に大いに学びを深め、今後、卒業後に発展させていく研究の将来が楽しみになった1日でした。

170306卒業研究発表会

170306卒業研究発表会

170306卒業研究発表会

170306卒業研究発表会01

170306卒業研究発表会02

170306卒業研究発表会03

170306卒業研究発表会04

170306卒業研究発表会05

170306卒業研究発表会06

170306卒業研究発表会07

170306卒業研究発表会08

170306卒業研究発表会09

toTop