検索結果

トップ > ニュース一覧 > 降誕会・花まつりが行われました

降誕会・花まつりが行われました

今年の春はずいぶんと暖かかったせいか、もうすっかり葉桜が広がってしまいましたが、澄み切った青空のもとで、2年生と新入生が宝仙寺の境内に集まりました。本学では、毎年4月8日の釈尊のお誕生日を記念して、宝仙寺本堂の中央に誕生仏を覆う花御堂を設置して仏教行事「降誕会・花まつり」が開催されます。

花まつりのご法楽とご法話は、宝仙学園理事長であり宝仙寺住職、冨田道生先生によって行われました。ご法話では、「天上天下唯我独尊」という釈尊の言葉をSMAPのヒット曲「世界でひとつだけの花」と関連させて、あらゆる生き物がそれぞれオンリーワンの存在であり、それぞれの生命が尊いということを意味している、というご説明がありました。さらに、すべての新入生に配布された数珠(御念珠)の目的や使い方について教えていただきました。

180408降誕会・花祭り

180408降誕会・花祭り

180408降誕会・花祭り

180408降誕会・花祭り

180408降誕会・花祭り

180408降誕会・花祭り

toTop