検索結果

トップ > ニュース一覧 > 保護者の皆様へ 遠隔授業開始にあたって

保護者の皆様へ 遠隔授業開始に当たって

保護者の皆様へ

こども教育宝仙大学
こども教育学部
学部長 石川 悦子

平素より本学の教育にご理解とご協力を賜りありがとうございます。

新型コロナウイルス感染予防の立場から、本学では授業開始を4月20日(月)へ繰り下げ、入構禁止期間を5月10日(日)まで延長しておりまして、学生の皆さんには多大なご不便をおかけし、また、保護者の皆様にはご心配をおかけしております。

これらの措置は、国の緊急事態宣言に続き、大学が東京都の休業要請の対象となったためですが、本学としては、この状況下においても、教育活動を第一に考え、遠隔授業(オンライン)や学生ポータルサイト等を使って、学生たちの学修が確実に進むよう最大限の努力をして参ります。現在、教職員が一丸となって様々な体制整備を進めておりますが、オンライン授業等は教員にとっても学生にとっても初めてのことが多く、戸惑いや不安を感じている学生も多いのではないかと思っています。

授業に関しては、当初予定していた授業時間(在宅での課題への取り組み時間を含む)は確保し、各授業の到達目標も基本的には変更いたしません。授業開始が繰り下げになった分は、8月に多数の補講日を設定して授業や実習等を進めて参ります。また、在宅学修期間であっても、4月20日(月)からは、時間割通りに授業を進める予定です。春休みが長引き、アルバイト等で学生たちの生活リズムが変わっている場合もあるかと思いますが、このことを、ご家庭でどうか共有してくださいますようお願い申し上げます。

この度の緊急事態にあっては、東京での一人暮らしに心細さを深めたり、遠隔授業がうまく受講できずに様々な困難を感じたりする学生が数多く出るのではないかと心配しています。本学としましては、学長ホットラインほか、アドバイザー(ゼミ担当教員)とのメール相談を中心に、学生支援を展開していきます。また、遠隔授業の受講がうまく行かなかった場合には、教員宛に学生からメールをいただければ、個別対応等もいたします。お気づきの点は、どうかご遠慮なくご相談ください。

【教科書の郵送について】

教科書は、既に郵送した振込用紙による教科書代の入金が確認され次第、業者からまとめてお送りしています。今般の郵便事情により、遅れが生じているようでご心配をおかけしています。もし、まだお手元に届かないなどの状況がございましたら、大学へお問い合わせいただきたくお願いします。

お問い合わせ先メールアドレス:kodomo_kyomu@po2.hosen.ac.jp

【遠隔授業を始めるにあたって】

学生の皆さんには、遠隔授業(オンライン)を受講するために、以下の4つのアプリやソフトを、自分が使うパソコン、タブレット、スマートフォン等にインストールするよう説明しました。

① Zoom
② PowerPoint(Microsoft)
③ Google Classroom
④ Google Document

アプリやソフトのインストール自体は基本的に無料ですが、機器の容量に関しては各自で工夫するように説明しています。また、今回の遠隔授業に限らず、Google Classroomは既に授業で使っており、また、PowerPointによるプレゼン(発表)は1年次より導入します。PCのご購入をお考えの場合、ご家族でテレワークのために共有する他、卒業後もご購入PCでMicrosoft Office(Word、Excel、PowerPoint等)を使用する場合は標準搭載されたものをお勧めします。

※なお、1ヶ月の授業を全部、映像と音声で受講すると通常のスマホプランの通信量では不足しますが、複数の通信会社が25歳以下の契約者に対して4月と5月の間、月間50ギガバイトまでの通信料は無料にすると発表しています。

※スマートフォンにPowerPointなどをインストールする際、課金についてご不安に思う場合は、情報処理教育担当教員(石原)へ連絡するように学生にご助言ください。

【各種お問い合せ窓口について】

東京都の休業要請を受けて最小限の事務体制で対応しております。各種窓口(メールアドレス等)を設置いたしましたので、本学HPの「各種お問い合わせについて」(4月14日掲載)をご参照くださいますようご案内申し上げます。
リンク先:http://hosen.ac.jp/news/20200414-01.html

以上

toTop