検索結果

トップ > ニュース一覧 > 「1月12日以降の秋学期授業等につきまして」学長メッセージ

「1月12日以降の秋学期授業等につきまして」学長メッセージ

2021年1月6日
学生および保護者の皆様へ
学長 太田誠一
1月12日以降の秋学期授業等につきまして

 新年おめでとうございます。旧年中は、本学の運営にご理解とご協力をいただき、誠にありがとうございました。本年もどうぞよろしくお願い致します。
 昨年来、世界中を翻弄している新型コロナウィルスは、感染拡大が収まらず、我が国でも第3波が押し寄せ悪化傾向が続いています。政府は今週中にも首都圏1都3県に緊急事態宣言を発出する方向で準備を進めています。ただ文部科学省は、学校に休校要請はせず、16日、17日の大学入学共通テストも予定どおり実施する方針のようです。
 このような中、本学では、学生の皆様の健康と、学びの継続を最優先に考え、次のとおり対応することと致しました。秋学期は、9月21日から12月11日まで学期の大半で、対面授業を実施することができ、また教育実習、保育実習も、期間短縮等を行わず予定どおり実施できました。学生の皆様の学びは深まってきており、健康と学びを両立させる今後の対応につきましても、皆様にご理解願いたいと思っております。なお、秋学期はこのような事態も想定して時間割を編成していますので、時間割の変更はございません。

 1.1月12日(火)以降の秋学期授業は、すべてオンライン等による遠隔授業で実施します。
 2.本学への入構禁止は実施しません。就職活動、卒業論文、アドバイザー教員との打ち合わせ等に来校することは可能とします。その際は、事務部にて記名、検温等を実施して下さい。
 3.遠隔授業受講に伴う機器類の相談、家計急変による奨学金、授業料の相談等は、引き続き学生生活支援センターで受け付けますので、前広にご相談下さい。
   学生生活支援センター連絡先kodomo_gakuseishien@po2.hosen.ac.jp
 
 ワクチン接種の見通しもあり、未曾有の危機の出口も見え始めています。学生の皆様と保護者の皆様、そして教職員全員が健康に充分留意しながら、この危機を乗り越えたく、引き続いてのご理解とご協力をよろしくお願い申し上げます。
以上

toTop