検索結果

トップ > ニュース一覧 > 降誕会(花まつり)が行われました

降誕会(花まつり)が行われました

暖かな日差しで澄み渡った青空のもと、4月に入学したばかりの1年生が宝仙寺の境内に集まりました。本学では、毎年4月8日の釈尊のお誕生日を記念して、仏教行事「降誕会(花まつり)」が開催されます。

式典は花御堂を中央にすえた本堂で行われました。新型コロナウィルスの感染防止のため、学生たちは距離を置いて整列し、いつもは合唱する式典歌の「衆会」は奏楽のみとなりました。宝仙学園理事長・宝仙寺住職の冨田道生先生のご法話では、数珠の目的や使い方、釈尊の誕生をめぐる言い伝え、釈尊の教えが北伝・南伝仏教としてアジア各地に伝播したこと、また、「天上天下唯我独尊」の言葉にちなんで、生き物それぞれの生命の価値を認めることの大切さについて教えていただきました。今年の灌仏は、大学を代表して太田学長と石川学部長によって行われました。

 

花まつり1

花まつり2

花まつり3

花まつり3

IMG_0504_

IMG_4144_

toTop