検索結果

トップ > ニュース一覧 > 緊急事態宣言発令に伴う授業運営について 学長メッセージ

緊急事態宣言発令に伴う授業運営について

2021年4月25日

学生および保護者の皆様へ
学長 太田誠一
緊急事態宣言発令に伴う授業運営について

本日から5月11日まで、東京都に緊急事態宣言が発令されました。発令期間中の授業運営につきまして、ご案内とご説明をさせていただきます。

次のとおり授業を実施します。
4月26日(月)~30日(金) 時間割記載どおり対面授業と遠隔授業の組み合わせ
5月3日(月)~11日(火) 時間割の変更はないが、全て遠隔授業

本学では感染防止と学修機会の確保の両立に向け、十分な感染防止対策を実施した上で、対面授業と遠隔授業を組み合わせて授業を行い、学修効果を高めています。
一方で今回の緊急事態宣言では、ゴールデンウィークにおける人の移動を抑制することが強く打ち出されています。この方針に従い本学では5月3日(月)から5月11日(火)までの間は、全ての授業を遠隔で行うことと致しました。全面遠隔においても十分な学修効果が得られるよう、授業担当教員はしっかりと準備に取り組んでまいります。

4月30日(金)までは、対面授業と遠隔授業を組み合わせて行いますので、変異株による感染が増加している中、改めて学生の皆様は以下のルールを遵守いただきますようお願いします。
(詳しくは下記の『大学への登校にあたっての留意事項について』をご覧ください)
http://hosen.ac.jp/news/20210406-01.html

・毎朝検温し、健康観察表を記入してください。
・発熱や風邪の症状がみられる場合は、対面授業の出席を見合わせてください。
・授業出席を控える場合は、授業担当教員とメール等で連絡を取り合ってください。
・大学登校時は必ず検温し、37.4度以下の場合リストバンドを着用し入館、万が一37.5度以上であった場合は速やかに帰宅してください。
・『マスクは学内外とも常時着用』を徹底して下さい。
・昼食は黙食とし、短時間で済ませてください。会話は、昼食を済ませた後に、マスクを着用し行ってください。

なお本学ではこの度、内閣官房新型コロナウイルス感染症対策推進室が実施する『新型コロナウイルス感染症拡大の早期探知のためのモニタリング検査』に参画し、5月から順次、全学生に対しPCR検査を実施することと致しました。
学生の皆様は、引き続き一人一人が「保育者を目指す者」としての自覚をもって、体調管理・行動管理・衛生管理に取り組んでいきましょう。
以上

toTop